妊婦体験が出来る場所は?会社でレンタルや購入できる?費用もチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

up

こんばんは!

 

真夜中のサンタクロースではありませんが

ツイッターでなるほど投稿を見かけたので

書いていようと思いました。

 

ただ、夜寝?をしたので何とか意識はありますが

さすがに眠くなってきたので、思考を停止させないように

頑張るぞ!

 

その前に、今思う事を書いていこうと思います。

 

最近、夜中になるとお酒を飲みながら考えることがあります。

それは、「今後の人生」のこと。

 

日本人の平均寿命は、男子 80歳 女子 86歳 だったかな?

 

自分は40歳手前なので、平均を生きるのであれば

後40年は生きることになる。

 

死ぬまで元気に活動出来ればいいが、年齢と共に

体力はどうしても低下してしまう。

 

元気でいられる年齢も人によって違うけど

動けても体の節々が痛いくなったり、体力的に

長く働くのも難しくなる。

 

そんなときに、自分が病気になったり配偶者が

病気になったり、介護をすることで働けなく

なったりする可能性もある。

 

その場合、どうすれば大丈夫か?と考えた時に

やはり「お金」があるかないかは、とても重要である。

 

何故なら、お金があれば出来ることがあるし

働けなくなっても取り敢えずは困らない。

 

稼ぐのはいつか?今でしょ!!

 

貯金を考えるのであれば、今の収入で十分なら

問題ない。

しかし、今の生活がぎりぎりで貯金が出来ない状態は

かなり危ない。

 

老後に必要な貯金額が「最低3000万円」と言われている。

しかも、今の時代生きていくだけで精一杯という人が

かなり増えている。

 

すると、今より将来困る人は倍以上になると考えて間違いない。

 

東京オリンピック以降は、日本の経済がヤバくなると

一部の情報では言われています。

 

後5年弱

 

今何をするかで将来は大きく変わると思います。

 

話が暗くなりましたが、明るい未来の為には

今何を考えどのように行動するかでまだまだ

大丈夫です♪

 

 

ということで、本題へ




 

妊婦体験できる場所は?レンタルと費用も!

 

助産師、保健師、看護師などの教育機関や、保健指導の両親学級などにおいて、妊婦の生活や行動を体験したり、妊婦の介助法を学ぶためのジャケットです。

ということで、教育機関の一部で体験が出来ます。

 

 

会社でそういった取り組みに力を入れている企業であれば

購入して、社員教育の一環で体験できるでしょう。

 

こういったことを「企画」して、上司に提案してもいいかも。

 

そうすれば、結婚していない人でも体験が出来るので

考え方や価値観に大きな影響を与えると思われます。

 

役職の方は一度考えて見てどうぞ☆

 

福祉施設で、レンタルが出来るところもああるみたいです。

地元の施設に問い合わせが必要です。

 

先ほどリンクを貼りましたが、そちらでは恐らく販売も

していると思われます。

 

納品期間や値段は、載っていないので問い合わせしてください。

 

役立たずですみません。。。

 

東京都大田区社会福祉協議会

こちらでは、7日間で無料の貸し出しを行ってます。

大田区の方に限りそうではありますが。

まずは、問い合わせですね。

 

費用は

問い合わせしないと分からなかったです。

 

購入すると、お値段は数万円はしそう。

レンタルも場所によりけりになるので、住んでいる

地区に問い合わせ。

 

 

まとめ

レンタルや購入ではなく、セミナー方式で教育の一環として

招く形で体験も出来そうですね☆

 

そういった取り組みが出来る企業であれば、冒頭の話では

ありませんが、将来も安心できると思います。

 

何事も体験

百聞は一見に如かず

の精神は必要かと思います。

 

 

人は一人では生きられないので、お互いの価値観を

認めることは、この先の時代さらに必要に

なってくると思います。

 

この件は一つのきっかけとして、捉えていただければと思います。

 

 

 

 

ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

夏の草むしりに適した服装は?虫よけ対応も!

実写版銀魂の子役が気になる!?

妊婦さんの大変さを体験するには???

アーカイブ