お年寄や妊婦に気持ちよく席を譲る方法とは?伝え方で簡単に出来る!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

s

こんばんは!

 

明日は、とある神奈川県のパチンコ店でリニューアルオープンが

ございます!オープン時間は12時なので、沢山寝れますw

 

なので、今日は夜更かししても抽選の11:20までには

起きれるだろうと思ってます。

 

だけど、これを「フラグ」と言いまして、自分で放った言葉に対して

真逆の結果を招くことでありますwww

 

別に早く行かなくてもいいのですが、お店としてのオススメ台と

されるのは、座れないだろう。

 

パチンコは、へそ釘を見ればやる気があるのかないのか、大体分かるの

だけれども、スロットに関しては打たなきゃ分からん!

もしくは、過去の癖を読んで打つという選択は出来る。

 

設定って曲者で、素直にそれ通りに挙動を示してくれれば

いいのだけれども、機械相手なので上手くはいかず。

 

出したくても、出ないジャグラーとかジャグラーとか(苦笑)

そして、いう事を聞かない「AT機」とか!!!

 

機種と言うよりも、個体でいう事を聞かない台は実際に

あるのですよ!

 

いくら設定を打ち直しても、「1」にしても回収できる気配が無いw

そんな甘い台も実際にあります。

こちらからすれば言うことを聞かない台ですね。

 

しかし、ユーザー側からすれば全く分からないので、関係ないのですがw

 

ということで、本題へ!!!

 

年配の方や妊娠している方に席を譲る簡単な方法とは?

 

一言で言えば簡単です。

「こちらの席が空きますけどいかがですか?」

これだけで、いいのであります!

 

「しょうがないからゆずってやんよ」「すぐ着くんだけどな・・・」

などを気にせずに、お伝え出来る言葉です。

 

意を決して席を譲ろうと思った時に、「断われたら嫌だな~」など

思う人はいるはずです。

 

そんな時に、「どうぞ座ってください!!!」ではなく

「こちらの席が空きますがいかがですか?」と言う風に

相手に気を使わせないように伝えることで、こちらとしても

選択肢を与えた結果、どうなるかは気にせずに済みます。

 

中には、気を使いすぎて無言で立ち去って、「実は疲れている」

人もいるはず。




なので、お互い気を使わないように、「言葉一つ」で

感情ってやつは、変わるのですよ☆

s1

自分は口下手だから無理とか思う人はいると思います。

こういうのは、言葉を知っているか知らないかだけの話。

 

知っていれば、最初はぎこちないけど伝える事は出来ます。

知らなければ、知らないので、行動を起こそうとすらないはず!

 

なので、このブログできっかけをつかみ、他で調べて

上手い伝え方を学んでいただければ、これ幸いです(^^♪

 

 

何だか、まとめてしまいましたが、「複雑に考える必要はなし

あなたがどうしたいか???

ただ、それだけ。

 

今後は、高齢者の方が3人に1人という社会になります。

 

こういった、席を譲るべきかの場面に多く遭遇すると思います。

なので、伝え方のレパートリーを知れば、対応も今までと変わるのでは?

 

 

 

 

では、ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。