アズミ・ハルコは行方不明(映画)の高畑充希のキャバ役の演技が気になる!あらすじネタバレも!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!

lg

神奈川県の夜でも冷えてまいりました((+_+))

神奈川県と言っても横浜ではなく、海老名なので

仕方ないですよね(棒)

 

しかし、室内なのでまだまだ大丈夫!

服装も半袖ですが、昨日よりはましです。

本格的な寒さになると、さすがに長袖にしないと

お亡くなりになってしまうが(笑)

 

10月もあっという間に半ばに差し掛かかりました。

海老名に来て、1年ちょっとですが「光陰矢の如し」とは

よくいったもんですよね~。

 

時間が過ぎるのは早いな~、だけどやることを毎日今は

何とかやっているので、時間が足りない位と最近は

思うようになりました(少しだけw)

 

他の記事でも書きましたが、時間は貯金できないからな~。

 

と、思いながらヤホーニュースを見ていたら、蒼井優

石崎ひゅーい記事に目がとまり、内容を見ていたら

とと姉ちゃん役の主役・高畑充希(24才)が何と!

キャバクラ嬢役を演じるとの一文が!?

 

気になったので書いてみようと思います☆




高畑充希のキャバ役の演技

アズミ・ハルコは行方不明」での主役は蒼井優ですが

それよりもこちらが気になったのは自分だけでないはず!

to1

to

だってね~つい最近まで「とと姉ちゃん」を主役を演じていた

訳ですからね!

 

画像を比べてみると、どちらも素敵だ!

とと姉ちゃんの質素な雰囲気もしっくりくるし

キャバ役のきらめき具合も美しい!

まさに「ファンタスティック!!!」

 

・・・と若干文字が乱れた事はお許しくださいw

 

しかしながら、映画を見て気付く人はいるかどうか?

いや、キャストは見るからさすがに分かる人が多数かw

 

見たとしても、とと姉ちゃんのイメージが残っている人は

初めは違和感を感じそうですよね。

 

あれ?あの時の感じたのは???あれれ???って感じでね。

 

12月公開の映画なので、とと姉ちゃんの収録と被っていたか

終わってすぐにとりかかったのかは謎ではありますが。

 

演技に関しては、連続小説テレビドラマの主演を張ったのであれば、

本物のキャバ嬢を超える何かを感じさせてくれるのか?

それともはっちゃける感じか?高級クラブな感じか?

 

映画の内容からすると、ちょいやくではなく、結構がっつり

出るのと田舎のキャバクラっぽいので、田舎っぽいかんじだな(海老名が言うな)




 

ツイッターを見るとギャルを演じるのかな?大学を中退してとある地方都市

での物語みたいだが。。。

ストーリーも載せます

20歳の愛菜(高畑充希)はとある地方都市の成人式の会場で、大学進学のため名古屋に行った中学時代の同級生のユキオ(太賀)と再会。ほどなくして大学を中退し、地元に帰ってきたユキオと、なんとなく会って遊んだり、なんとなくセックスする間柄になっていく。ある日、ユキオの誕生日プレゼントを買いにレンタルビデオ店に行ったふたりは、そこでバイトをしていた同級生の学(葉山奨之)と再会し…。

メインのストーリーは別ですが、こちらは高畑充希役の内容です☆

主人公の顔のグラフィティを拡散する3人組の1人みたいです。

 

なるほど!良く分からんw

若さゆえの過ちというか、日本映画らしいのかな~。

ハリウッド映画は、基本的に正義と悪がいて、どんぱちやって

ヒーローが勝つ!というシナリオが多いけど(主観)

日本は、人や世代の深層心理を描き、人間らしさを

追求するのが多いと個人的には思います。

 

なので、派手ではない分動員人数が多くはありませんが

本当の映画好きの方からすれば、こういった映画も

ツボにはまるのかな?

 

まとめ

女優だから、色々な役柄を演じることは「演技の幅を広げる」には

必ず必要な経験だと思います。

 

自分は、会社員としての幅を広げるためには、他業種の人と交流を

深めるのと一緒かな。

 

同じ社内で幅を広げるのは「新入社員」くらいで、中堅以上は

自分で広げに行かないと、成長や視野を広げるのは中々難しいと思う。

 

女優も一緒で、似たような役柄だと成長も難しいのかな?

演技の深さを追求するならいいのかもしれないが。

もしくは、突き抜けるレベルまで目指すか?

 

どちらを選ぶのも、それもまた人生。

 

 

 

上手くしまらなそうなんでサヨナラ(苦笑)

 

 

 

 

 

ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。