永原遥(えいげんはるか)の死因は?プロレス時代の活躍や家族情報もチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!

神奈川県のエビナシです♪

 

アニメや漫画が好きで、ジャンプも30年以上購読しております。

その結果、何が残ったかと言えば具体的にはありません(笑)

だがしかし、今後は何からも学べる姿勢を知ったので、ただ感情的に

読むのではなく、何かしら勉強になるようにします!

 

活字を読むことはハードルが高い!と思う方は多いはず。

しかし、漫画ならそのハードルが下がります。(と思う)

なんせ人間は、というか自分は見た目から入る場合が多いから。

 

食べ物も見た目で判断しませんか?美味しそう、辛そう、甘そう、すっぱそうなど。

で、試してみた結果、感想が生まれる訳で。

体験なくしては感想は生まれないと思ってます。

 

人から聞いたとか、見ただけとか、何事もやらんと分からんということです。

なので、自分はプロレスをやった事がなく、選手も一部しか分かりませんが

訃報がまたニュースで流れたので、調べてみます。

 


永源遙のプロフィール

wo

名前 永源 遙(えいげん はるか)

リングネーム 永源遙 永源勝 グリート・トーゴー

ニックネーム 千両役者

身長 178cm

体重 110㎏

生年月日 1946年1月11日(70歳)

出身地 石川県鹿島郡鹿西町

デビュー 1966年10月12日

所属 プロレスリング・ノア

プロレス前には、1961年に15歳で初土俵を踏んだ。

1963年には、序二段で優勝したが、その後伸び悩み

1965年5月に廃業した。

 

現役後年は「唾飛ばし」で名を馳せ、対戦相手も永源を観客に向け

のど元を殴打させることで発せられるつばを浴びる観客が多くなった。

 

百田光雄とのシングルマッチは「宿命の対決」とも言われ、100回を超える

回数を戦っている。

 

プロレス時代の活躍

一言で言えば、現役主義でお客を楽しませることを追求した。

アントニオ猪木も試合を楽しみに見ていたり、ジャイアント馬場は

営業能力を高く買い、手元においたりと、プロレス以外でも

能力を十分に発揮してたようです。

 

どうやら、結婚式の仲人を務めたのはあの「森喜朗」とのこと。

もしかしたら、裏側では色々と濃くつながていたのかもしれない。

 

得意技は、「つば攻撃」「ジャイアントスイング」

 

獲得タイトル

NWAセントラルステーツ・タッグ王座

IWA世界タッグ王座

 

シングルよりはタッグが得意だったのが、このタイトルで分かると思います。

 

実力よりも、プロモーターとしての実力があったと思われる。(個人的感想)

だって、顔写真を見るとプロレスより営業の方が得意な感じがするじゃないですか。

 

家族情報

結婚は先ほど述べた通りしております。

それ以上のことは、分かりませんでした。

だけど、プロレスラーの方と結婚される方は北斗晶さん

みたいな方かもしれませんね。

 

旦那より強くてしたたかで、そして優しい。

 

お子さんがいたとすれば、同じ道に進んでいるか、全く逆の道へ進んでいるか。

もしくは営業上手で、敏腕営業マンになっているかもしれません!

息子でも、娘だとしてもやりてな雰囲気がありそうですね。

 

死因は?

お風呂場で倒れていたとのことなので、冬場のお風呂場に多い

ヒートショック」の可能性が高そうです。

急激な温度差で、心筋梗塞や脳梗塞を起こすと言われています。

 

どちらの病気も時間と共に生存率はかなり激減しますので。

若い人も油断出来ないと最近は言われています。

なので、年配の方はさらに危険度が高いと思われます。

 

なので、お風呂に入る前にシャワーで浴室を温めたりするのが大切です。

着替えるところも、暖房器具をおいてもいいかもしれません。

もちろん、燃えたり空気がよどまないタイプで!

 

 

まとめなど

プロレスで体を鍛えていても、内臓系は鍛えられません。

むしろ、劣化してしまいます。

それを抑えるためには、日々の食生活や運動などが大切です。

 

筋肉や脳であれば、筋トレや勉強で強化できます。

しかし、内臓自体を鍛えるのは不可能です。

いかに負担をかけないことが重要なので、今から気をつけねば。

 

現代社会はストレス社会とも言わているので、完璧には無理ですが。

暴飲暴食しないだけでも、いいと思います。

 

 

 

この度はご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。