makidai(pkcz)の乗ってたワゴンの車種やメーカーは?交通事故の原因も調査!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは

神奈川県のエビナシです。

 

最近、大雪の北海道で事故が起きたと

ニュースで出ておりました。

 

しかも、EXILEのmakidaiが乗っていた

ワゴン車が、大型トラックと衝突したとのこと。

しかも、クリスマスイブとクリスマスに

札幌公演を行う大事な場面で。。。

 

ファンの方は、きっと聞いた瞬間に最悪な

事態を頭によぎった方もいたかもしれません。

しかし、最悪な状況は避けられておりますが

脳挫傷で重症とのことです。

 

自分の知り合いの母親が、椅子を使って

台所の上の扉から物を取ろうとし、バランスを

崩し後頭部から落ち、そのまま植物人間に

なってしまった経緯があるので。

 

だから、頭を強くぶつける=危険

というイメージが自分は強いのです。

 

今頃は病院で治療を受けていると思います。

自分も実は、事故で頭をぶつけた事があります。

幸い、頭から血が出て数針縫った程度で

済みましたが、怖いのはその後、突然

何かが起こるかもしれないと言われた記憶が

あります。

 

なので、治ったといっても気を付けてました。

 

という事で、乗っていた車種など気になったので

書いていきます。




MAKIDAIのプロフィール

本名 眞木 大輔(まき だいすけ)

別名 DJ MAKIDAI

生年月日 1975年10月27日(41歳)

出生地 神奈川県横浜市栄区

血液型 O型

身長 180cm

所属 LDH

 

ワゴン車の車種やメーカーは?

ワゴン車と言えば個人的にはトヨタと日産当たりが

メインどころだと思っています。

トヨタだと「ハイエースワゴン」「ノア」

日産だと「エルグランド」「キャラバン」

でしょうかね?

 

有名人が乗っているくるまだと、フルスモークですが。

上記の車で移動しているテレビなどで

何と無く見た事あるのではないでしょうか?

 

恐らく、このあたりの車に乗っていたと

思われます。

 

乗る場所によっても、死亡率などが変わってきます。

一番いい場所は運転席の後ろ、

一番危ないのは助手席と言われています。

 

何故なら、運転手が事故を起こしそうになったとき

反射的に自分を守ろうとするので、隣が一番危険

だということです。

正面衝突なら、運転席に喰らわないようにハンドルを

きるので、助手席に当たってしまいますので。。。

 

テレビでも、有名な方が車に乗る時は必ず

後ろの席に乗っている場面を見るはずです。

運転手が、後部のドアを開けているシーンです。




交通事故の原因

車の事故の原因は、基本的に運転手の不注意が多いです。

人間が運転するから事故を起こすのだと、今は

自動運転の車を各メーカーが開発しております。

 

人間は、集中することが長時間出来ません。

疲れると、注意散漫にもなってきます。

 

今回は、大雪の中での運転でドライバーも

かなり気を減らしながら運転していたと

予想されます。

しかも、有名人を乗せていますから余計ですね。

 

そして、きっと慣れない北海道での運転、

大雪、視界不良、もう悪条件が揃いまくりです。

 

ワゴン車からぶつかったのが、トラックからぶつかった

のか不明ですが、どちらかの運転ミスでぶつかったことは

間違いないと言えます。

 

トラック運転手からだとすれば、長時間の運転と

いつも運転している、良くも悪い慣れが

事故を起こしてしまったのかもしれませんね。

 

自分も前までは、毎日のように運転していました。

その時は、過信まではいかなくても、慣れている

道なら、注意せずに走っていました。

 

そして、運転をする機会がへり、たまに運転する

ことになった時、前まで出来ていたことを

忘れていたりします。

 

駐車するときに、後ろを確認しているつもりでも

危なく、隣の車にぶつかりそうになったりと

久々の運転は、注意散漫になっていました。

これは個人的な感覚なので、他の方は

分かりませんが。。。

 

結論

当たり前ですが、運転手の不注意が大きな

事故の原因だと思います。

 

特に、長年運転している方は、慢心している

可能性が高いので、今一度注意が必要かも

しれませんね。

 

 

MKIDAIさんの他にも怪我を

されているとのことなので、ご無事を

お祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

では、ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。