天才バカボンのはじめちゃん役の子役が可愛い!名前や年齢をチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます

神奈川県のエビナシです。

 

今日は晴天で、気持ちのいい朝です♪

気温が低いのがしょぼんですがw

 

冬の気圧配置が高まり、寒気団が

昨日より南へと降りて来るので

冬らしい寒さとなっています。

 

11月に降った雪は、幻だったのかと

思うほど、最近は雨すら降っていない。

 

そのためか、自分の唇がカサカサです。

夜中にのどが渇きすぎて、夢の中で

水を飲むけど潤うはずがなく、目が

覚めました(笑)

 

一杯飲んでも、潤わなかったのですが

気にせずに寝ましたけど、眠れずに

今に至るわけであります。

 

なので、ニュースを見たりして

気になったことを書いている

最中でございます。

 

気になった情報を「なるほど~」か

「何故なんだろう?」と受け取るかで

思考回路も変化していきます。

 

自分で考えることにより、情報を

キャッチした時に、考える癖が

身につくと個人的に思ってます。

 

それが、合っている間違っているは

置いといて、それもまた反省などの

材料になるので、二度おいしいのです。

 

という事で、今更ですがはじめちゃんの

子役について書いて参る!

 

はじめちゃんの子役のプロフィール

名前 早坂 ひらら

年齢 4歳か5歳(配役時は4歳)

所属事務所 テアトルアカデミー

男の子です。

 

詳しいプロフィールは公表されて

いませんでした。

名前と年齢は?

名前は本名かは分かりませんが

「早坂 ひらら」君、男の子。

写真を見ると、女の子にも見えますね。

 

年齢は、今年の2月頃に配役が決定した

時は4歳とのこと。

早生まれでなければ、5歳になっていると

思われます。

 

芦田愛菜ちゃんもこの位の年齢で

ブレイクしましたよね♪

しかし、その後は色々とあり姿を

最近まであまり見ませんでしたが。

 

正月の嵐の番組で「ババ抜き」をしていたので

活動も最近は、活発化してきたかもです。

 

さて、今回の天才バカボンでどのように

ハジメちゃんを演じるのでしょう?

 

ハジメちゃん役は、1000人の中から

オーディションで選ばれたそうです。

 

「へー!?、せっ千人だと!!!」

子役のオーディションって、そんな

倍率なのですね(^^;

 

初めて知りました!ハジメちゃんだけにw

 

さて、気を取り直して、ハジメちゃんは

公開されている動画などを見ると

バカボンよりしっかり者で、知識が

半端ない子供です。

 

どこからその知識を得たんだ!と

設定も気になりますが、それよりも

セリフを淡々をしゃべるのが大人だ!

 

自分なら、覚えるのも大変で噛んでしまい

そうな、セリフも大人顔負けレベルで

放ちます!

 

正月の番組では、「セリフを覚えるのが得意」

みたいなことをコメントしてました。

 

恐らく、記憶力がいいと思われます。

もしかしたら、見ただけで覚えてしまう

レベルなのかもしれない(^◇^)

 

大人からすれば、末恐ろしいし

ダメ出しをされそうで怖い(笑)

 

「今のシーンでは、もっと感情を

込めないとでちゅよ!」ってw

脳内妄想すみません<(_ _)>

 

ネットの声も聴いてみましょう♪

 

女性の方には、どうやら大人気なのかな?

そして、「寺田心」と比較する人も

いました。

 

寺田心君は、あざとさを計算して

やっているからと言った声がありました。

計算だとしても、TVで活躍できることが

凄い事だと思います。

 

何をしても、中々オーディションに受からなかったり

表に出て来れない子役は沢山いると思います。

それを成功している子供に対して妬んでしまう

人もいるのは仕方ないと思います。

 

単純に、苦手だという方もいるでしょう。

それもまた、周りの声に左右されてしまって

いる場合が多かったりします。

 

特に、日本人は「赤信号皆で渡れば怖くない」

と個人の発言や行動は苦手ですからね。

 

集団心理とやらは、めんどくさかったりします。

まずは、自分の頭で考えて自分の視点で

捉えると、良いと思うんだけどな~。

 

という事で、世の中には価値観が違う人の

集まりですから、捉え方はそれぞれです。

だけど、ヒトの声だけに耳を傾けるのは

ちょっち違うかなとも思います。

 

なので、思考停止せずに、自分で考えることが

重要だと考えます。

これもまた、自分の捉え方ですが。。。

 

さて、バカボンはバカボンで楽しんで

みればいいと思うよ♪

これでいいのだ!

 

 

 

ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。