トランプ大統領就任式の日本時間での日程は?ドル円と株価の影響も!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは

神奈川県のエビナシです。

 

先ほどから雨が降ってまいりました。

久々なので、乾燥していた唇が

多少潤った気がします♫

 

どんなに科学が発達しても

雨が降らなければ水不足になるし

農作物もうまく育ちませんからね。

 

自然の偉大さと言うか、力強さは

人間はまだまだ遠く及びません。

 

呪文や魔法が使えて、雨を降らしたり

火を起こしたりできれば、別の話ですが。

それは今後、形はどうあれ、自然の力に

頼らなくても、発明される可能性は

「0」ではないと思います。

 

なんせ、ここ数十年でも、とんでもない

進化を遂げています。

例えばスーパーコンピューター(スパコン)は

1993年当時と現在の性能差は、なんと!!!

「150万倍」

 

そして、10年後には1000倍も性能が

あがると言われています。

 

150万倍と言ってもよくわからないので

計算機は、昔、大型のパソコンを使って

計算できる仕組みでした。

こんな巨大な機械です・(1940年代)

 

それが現在では、こんな感じになりましたよね♪

あら!カワイイ(笑)

 

携帯電話も同じく、発売当時は

重くて大きくて持ち歩くのが大変でした。

 

今では、片手に収まるし、TVも観れるし

インターネットにもつながります。

 

普段、当たり前のように使っているものですが

ちょっと深堀していくと、今後の展開も

なんとなく予想は出来ると思います。

 

どのような未来になるかは、映画など

見れば想像できるし、その辺りに

チャンスのヒントが隠されているかも♪

 

今回のトランプ氏が大統領になるなんて

大半の人は思ってもいなかったはず。

 

前代未聞になる可能性のアメリカ大統領の

就任式が気になったので、書いて参る!

※前置き長くて失礼しました<(_ _)>

 

ドナルド・トランプのプロフィール

名前 ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump)

生年月日 1946年6月14日

年齢 70歳

出生地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区

身長 191c

政党 共和党

配偶者 イヴァナ(1977-1992)

マーラ(1993-1999)

メラニア(2005-現在)

子女 ドナルド・トランプ・ジュニア

イヴァンカ・トランプ

エリック・トランプ

ティファニー

バロン

住居 ニューヨーク市マンハッタン、トランプ・タワー

国籍 アメリカ合衆国

出身校 ペンシルベニア大学

職業 トランプ・オーガナイゼーション会長(不動産会社)

トランプ・プラザ・アソシエイツLLC会長

「アプレンティス」司会(2004~2015)

給料 2億5000万ドル(日本円で約300億!)

純資産 45億ドル(日本円で約5400億!!)

 

 

一言で言えば、「とんでもない金持ち」

と個人的な感想(苦笑)

経営者として腕があるこそ

ここまで大きく稼いでいることは

間違いないです。

 

国も会社と同じく、運営をしていくものです。

なので、トランプ氏の経験がアメリカ合衆国を

立て直したり、強いアメリカを取り戻すことは

敏腕経営者なら、あっさりと出来てしまうかも?

人格的な問題は、人それぞれ捉え方が違うので

国通しで上手くやれれば、問題はないと思います。

そのやり方が、フィリピン大統領のような形でも。

 

その国の事情は、その国や住んでいる人にしか

分かりませんからね。

 

大統領就任式の日本時間の日程は?

現地日程だと「2017年1月20日

 

日本時間では、1月21日(土)25時ごろ

土曜日なので夜更かしできますね♪

 

一体どんな発言を繰り出すのか、ちょっと

楽しみですがw

経営者は、基本的に周りと同じことや発想を

しないイメージがあります。

 

そうでないと、会社を存続させることが

難しいと考えているので。

当たり前のことをやっていたら、チャンス

はつかめないし、儲けることも難しい。

 

人と違う事をやるからこそ、そこにチャンスが

あると思います。

 

なので、トランプ氏はそれらの経験を踏まえ

どのような、就任式にするのか見所だと思います♪

 

ドル円や株価の影響は?

大統領選挙の日は、急落からの急上昇と

ハチャメチャでした。

それを予想できた、アナリストは実は

ほぼいなかったと思います。

 

何故なら、クリントン氏が当選すると

思っていたから。

 

そこに、まさかのトランプ氏が当選!

そりゃ~予想も外れますよね(苦笑)

 

プロのいう事も、あてにならないので

この時期は、様子を見る作戦もいいのでは?

 

ぶっちゃけ予想が付かないので、下手に

動くよりは一時立ち止まることも大事だと。

 

知識の源は多少のFX経験と「インベスターZ」なのでw

でも、そのおかげで、株価とFXの関係、経済界の発表や

発言により、上下する感覚は理解できました。

それで、儲ける儲けないは別の話ですが(^^;

 

もし、勝負に出るのであれば、「ルール」を

作り、従えばいいと思います。

 

「利益+10%、損失-5%」になったら

機械的に売買をするなど。

当たり前のことですが、意外とできない方も

多いと思います。

 

自分もそれでやってやる!と思ったのですが

ついつい、もうちょっと儲かったらとか

そろそろ上がって元値にはなるだろう!

と言って、負けてましたので(苦笑)

 

その辺りをストイックに出来なければ

何もしない方法でいいのかなと思います。

 

皆同じことを言っている時が、実は危なかったり

しますからね。

 

そういえば、自動的に損切システムもありますが

急な下落には対応できない場合があるので、

それを信用して売買するのも微妙かもしれませんね。

 

まとめなど

就任式の日本時間は「2017年1月21日25時頃

 

ドル円と株価の影響は トランプ氏の発言次第なので

全く読めません。

だから、様子を見ることも必要。

 

長期保有の株などは、一瞬は上げ下げになると思うが

長い目で見ての判断が必要かと思います。

一時の感情で判断するのは危険です。

 

短期売買は、自分ならお休みして落ち着いたら

設定したルール通りに行うだけ。

 

経験は短いので、あくまでも一つの考え方や

捉え方として、何か得られたら幸いです。

 

 

ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。