傷物語(熱血編)のあらすじとネタバレと感想!グッズもチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

DSC_0246こんばんは!

 

台風は無事?去り、今は平穏を保っております。

明日もどうやら、前線の影響で雨が降るそうですが

今日みたいなことにはならないでしょうね♪

 

ということで?傷物語(熱血編)を観てきました!

鉄血編ももちろん観ております故に。

 

なので、鉄血編のあらすじを踏まえながら

熱血編へと書いていこうと思います。

 

感想は、個人的思考故に、そんな捉え方もあるのだと

ご理解いただけたらと思う。

 

では、始まりの物語。。。

 

あらすじ=ネタバレか!?

今更、あらすじやネタバレなど言っても、原作は2008年

刊行された。

今から8年も前の話である。

 

物語シリーズが始まり、傷物語も映画化されると言われながらも

されなかった、いわゆる、「映画化」するする詐欺状態であったw

 

そして、やっとこさ2016年「Ⅰ鉄血編」「Ⅱ熱血編」「Ⅲ冷血編」

の三部作として映像化されたのである。

 

全ての始まりであり原点である「傷物語」がついに語られた(歓喜)

 

復習を含め「Ⅰ鉄血編」のあらすじを簡単に。

 

『桜が舞う三月二五日、終業式の日の午後。主人公こと阿良々木暦は、

偶然に学校一の優等生、羽川翼と知り合う。彼女の口から飛び出した

言葉は「金髪の吸血鬼」の噂だった。。。

 

「友達を作ると人間強度が下がるから」と学校で深い人間関係を

築かないようにしているものの、気さくなのことを粉ましく思う

 

『まるでフラグかのように、その日の夜、暦は噂の吸血鬼と遭遇する。

‟怪異の王”、「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード

鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼。(タイトル回収)

 

大きな傷を負っていた彼女を助けを請う彼女を暦は衝動的に助けてしまう。

(大人の事情で割愛アリ)

 

その結果、自分が人間をやめることになることは思わずに・・・。』

 

ようこそ!夜の世界へ——-

 

阿良々木暦の地獄の春休みは、こうして幕を開ける。

 




以上。

すでに映画やDVDでご覧の方も多いとは思います。

むしろ原作を読んでおり、アニメになるとどんな感じかなと

若干上から目線で観ている方もいるでしょう。

 

文章だけではなく、映像化されることにより、自分の創造や妄想を

修正するには、アニメはとても重要であり必然でもある。

 

この流れ!?で熱血編のあらすじを!

 

熱血編あらすじ

キスショットに血を吸われ、吸血鬼になったしまった阿良々木暦

彼が人間に戻るためには、三人のヴァンパイア・ハンターたちから

奪われたキスショットの四肢を取り返し、幼い少女の姿になった

キスショットを完全の状態に戻さなければならなかった。』

 

『筋骨隆々で両腕を大剣に変化させる巨漢のドラマツルギー

身の丈よりも巨大な銀の十字架を携えた少年・エピソード

武器は持たないが剣呑な雰囲気を漂わせる神父姿のギロチンカッター。』

 

果たしては、恐るべき三人のヴァンパイア・ハンターたちとの

戦いに勝利することが出来るのか——。

 

結論から言わせていただくと

 

出来ますwだって物語シリーズは、傷物語の後の

話でありますから。

 

生きていなければ、物語はそこで試合終了です。

 

問題は、そこではなく「どのように勝利したのか?」

という部分が重要でしょうね♪

 

それが知りたいから観たいわけであって、結果だけ

知っていてもそれまでの過程に興味があるわけです!

(個人的に)

 

原作を知っていようが知らなくても楽しみ方を

楽しめれば評論家目線ではなく、子供の視点で

純粋にワクワクドキドキ出来るのではないかな?

 

グッズ

自分は、パンフレットと一番くじだけの購入をしました。

 

他に、クリアファイル、トートバッグ、台本風ノート

マグカップ、キャラバッチコレクション、スポーツタオル

そして、パズルと盛りだくさんでありました!

 

初日に観に行ったのでたくさんありましたが、時間と共に

無くなっていくグッズもあるでしょう!

 

特に物語シリーズはコアなファンが多いと思っているから。

 

 

だがしかし!劇場に行って観終わって驚いたのが

小学生らしき男の子も観ており、グッズもしっかりと

購入していた。

 

物語シリーズを観る小学生は「なんて進んだ子供なんだ!!!」

と、心の中で叫びました笑

 

まとめ

初日だったので、特典のアレはもらえましたが、

遅くなるもらえなくなるので注意が必要です。

 

過去にそれで何度か痛い目を見た事か苦笑

 

作画が今までとは若干違うので違和感を覚える人も

いるかもしれませんが、実際は今回の方が物語シリーズとして

正しいような意見もありました。

 

それはそれで、楽しみ方は色々とあるので一つの参考程度に

すればいいのではと思ってます。

 

羽川ぱいせんの、あれやこれもあるので、ぜひ!

直接観て欲しいです(^^♪

 

上映時間が六〇分ちょっとなのと一五〇〇円で

観られるのでお時間ある方は♪

 

先ほども、ニコニコで虎の物語をタイムシフトで観て

感動したばかりでの、投稿でした!!!

 


 

ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。