パチンコの規制やイベントを今一度!?勝つための立ち回りは?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

パチンコこんばんみ~。

 

実は、元パチンコ店員なので今一度、

規制」「イベント」とはいったい何だったのか?

丁度3年前くらいから、「イベント」と言われるものが

表向き、無くなりました。

 

例えば7が付く日は全体オススメとか、4が付く日は

「ヨン様の日」=冬ソナがオススメなど。

 

お店ごとによっては、日付や曜日でお勧めする時が違った。

 

有名な某○ハンでは、7月つく日は「七祭り」が超有名でした!

 

今でも、7が付く日は長蛇の列になるお店もいまだにあります。

 

お客側が、7月付く日と言えば「○ハン」と意識的に

刷り込まれていたりします。

 

勿論、お店側もそれに応じて、パチンコではオススメ機種

お客に勝ちやすい状態を提供するようにしているのでしょう。

 

ちなみに、「オススメ機種」とは基本的に、台数が多い機種

お店として長く設置する機種を言います。

 

何故なら、どうでもいい機種に力を入れても、常連さんが

座るわけでもなく、台数が少ないので特に力を入れる

必要がない。

 

常連さんは、じいさんばあさんが多いので力を入れるとした

やはり「海物語系」であろう。

 

勿論、台数が多いのが優先されるのは、頭に入れておこう。

 

何故なら、「出玉感」も出しやすいし、少ない台数に力を入れても

その「出玉感」は台数が多い物に比べては、大したことがないから。

 

簡単に言えば、「今日は7の付く日だしどれだけ出ているのかな?」

と、軽く歩きながら島端から見ますよね?

 

台数が6台より32台の方が、「出玉感」は必然的に

あるのは当たり前。

 

そして、いくら使ったかどうかは見る側としては

分からない。

 

ただ、玉が詰まれていれば出ているように見える。

 

それが「出玉感」!!!!!!!!

 

あくまでも、出ているように見せることが重要。

つまりは、出ているように「見せられている」のである。

 

別積みは禁止だけど、大きな箱に移したりして沢山

出てるように見せる。

 

これぞ営業戦略w

 

もちろん、賢い人には通じませんが。

 

じじばばは、その辺りは詳しくないし考えていない方が

多いので十分通じます。(大体ね)




という事で、「イベント」はパチンコ店としては

やってはいけません!

 

だけど、上手く逃れながらやっているお店はたくさんあるので

通って確認しましょう。

 

大分、話が無駄に長くなってしまったけど

勝つための簡単な立ち回りを。

 

勝つためには

結論から。

 

ボーダーを超える台を1日中打ち続ける。

無ければ、「帰る

 

以上!!!

 

こまかくいえば 、「保留3個打ち止め」「確変中止め打ち」

「ひねり打ち」

などありますが。

 

根本的に、「千円スタート」がとても重要です。

 

例えば「千円で15回まわる台」と「千円で20回まわる台」

では、1000回転で当たった時に、どちらの方が

投資金額が少ないか?

 

で、考えれば簡単です。

 

どちらも、大当たり回数を同じで、出玉も同じとする。

 

となると、前者は当たるまでに「約6万6千円」かかり

後者は「5万円」かかります。

 

そして、1玉4円で交換できるとして、20000万発出ました!

すると勝ち金額は?

 

前者「1万4千円」

後者「3万円」

その差「1万6千円」

 

それでも、回らない台を1日中打ち続けますか?

ということです。

 

もちろん、回れば当たるわけでもなく、回らなくても当たります。

 

長い目でみて、どちらがお得かを考えて遊技すれば

勝率」は上がります。

 

負けた時は「意外と忘れます」

勝った時は「意外と覚えてます」

 

打ちたい気持ちは分かりますが、毎日なんとなく

打っていても、勝てるのに勝てません!

 

なので、特定な日付を狙っていくだけでも

勝率」は必然的に上がります。

 

だけど、「いつも特定の日」に勝ちやすくなる

訳ではないので、気をつけましょう!!!

ガロ~

最終的には

「千円でどれだけ回るか」

 

ただそれだけ。

 

パチンコで勝つようにするには

回る台をどれだけ打てるか?」

 

それだけを意識するだけでも

勝ちやすくなりますよ!!!

 

ダメな日は、何もせずに帰る!

 

そんな勇気が勝つためには必要です。




では、こういったネタはまだあるので

別腹で(^^♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。