シン・ゴジラを見て来た感想(ネタバレ注意)!内容が予想の斜め上をw

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

シン・ゴジラ

こんばんは~♬

 

小中高の方は夏休みが終わり、大学生はそろそろ

授業が始まる方も多いのではないでしょうか?

 

世間で言う「社会人」にとっては、出勤するのに

汗だくな日々だったり、台風9号10号やらで

雨に打たれたり、電車が遅れたりと大変な

8月後半だったのではと思います。

 

もちろん、地域によって千差万別ではありますが。

 

自分自身は首都圏と言われる方面に住んでいますが

周りは山が多いのは事実w

 

そして、「シン・ゴジラ」が9月2日までなので

本日1日という事もあり観てきました!(1100円で観れるので)

 

何故、観て来たかと申し上げますと、監督が「庵野秀明

エヴァ好きの私としては、見ない訳にはいかないとw

 

というか、いつぞやのTV番組でやっていた「特番」を

観て、楽しそうだな~と思ったからではありますが。。。

 

エヴァファンにはたまらないシーンなどが、あるという事

だったのもあり、「エヴァ劇場版」もまだやらんしな~とも

相まり、意を決し観て来たので、感想やらネタバレも含め

ながら記事を書いていこうと思います。

 

注意、「ネタバレ」も含んでいるので、レンタルで観ようと

しているかたは、気を付けてくださいね(白目)

 

観た感想

一言で言えば

 

『日本と言う国らしい対応や発想』かな~???

 

ゴジラ」と名付けられた生命体をどの役所が

どのように対応していくのか?

 

駆逐・捕獲・追い返すと3つパターンがあったと

記憶している(喪失気味w)

 

そのためには、各役所によって対応方法や対処方が

変わってくる。

 

まずは「閣僚会議」から始まり「閣議決定」するまでの

流れが、日本らしく、会議→移動→会議→移動→会議・・・

※ここでの移動は会議室の場所を変更する

 

簡単に言えば「誰が責任を取るか」であり「責任を押し付ける」

ことでもあると、個人的には思った。

 

役所仕事は、分野以外は基本的にたらい回しである。(残念ながら)

 

だれとして、住民=お客様とも思っていないので、相手の立場に

なった考え方すらないのが現状であると思っている。

 

それは、役所と言う場所は、「必要不可欠な場所」であるから

嫌な思いをしても

 

足を運ばなければいけないのであるから(苦笑)

 

民間企業の接客業では、こうはいかないのは身に染みて

おりますし、そう思う方が多いのでは?

 

下手な対応すれば、ネットでさらされる可能性が多い

世の中。

 

それでなくても、口コミで噂され徐々に客数減少→破たん

 

といった図式が、民間では当たり前なのではあるのだが。。。

 

 

そういった図式が成り立たない、世界や業種や業界があることを

思いしらされた、と勝手に思った今日でもありましたwww・・・。

 

さて、話をポジティブに戻し感想を続けます。

CGすげーーーー!!とか、音楽がまさかのあれかよ!!wや

世界のパワーバランスがw

 

と感じ、ドキワクしながら観ておりました♪

 

最終的には「ゴジラ」はどのようにやられるのか?

 

初めは、駆逐するためにドンパチやるわけであります。

ところが、アメリカ様のミサイルでも

 

効果はいまいちのようだった

 

となるわけです。

(序盤でそういった武器は大体、効かないのだけれども。)

 

ということで、ずんずん進んで行くゴジラを「総攻撃」

することで

 

ゴジラが攻撃をしてパワーを使い果たす。

 

そこから新たな作戦を考え発動させる。

 

最終的には「王道パターン」です。

 

 

それまでの流れをどのように捉えるのか

で、感想も大分変るのではと思います。

 

なので、「百聞は一見に如かず」なので

 

あくまでも参考程度に感想を読んでくれたらと(^^♪

 

 

※追記

エヴァ好きにはたまらない要素が満載です☆

○○作戦とか~、作戦会議中のBGMとか~

 

まさに、ミサトさんを思い起こす雰囲気を

醸し出しています!!!!!

 

 

内容が予想の斜め上を

大体、感想で述べた感がありますが、

まずはゴジラの体系が○○したり

日本のトップがあっさり○○たりw

 

別では、ここ1年ほどの日本の動きや話題も

取り入れていたかなと。

 

やはり、ラップ調はひどいなとw

 

そして、パンフを買って気付いたことが!?

 

前田敦子が出演していた事実!!!

 

劇場では気付かなかったという事は

「モブ」での出演みたいでした。

 

 

改めて見る方や初めて見る方は注意して

観てどうぞ♪




 

では、感想になったかは分かりませんが

ありがとうございました!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。