こち亀連載終了の理由の真相は?ジャンプの内容で予測してみた!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

こち亀2こち亀

こんばんは!

 

ラインニュースで速報が流れて来た時の衝撃!!!

いつもなら、「大したことないでしょハイハイ」と

スルーするのですが、今回は別物!!

 

ジャンプ歴30年の私がそう感じるのだから

間違いない!!!

 

小学生のころから、ジャンプを読み出し

ドラゴンボールが始まったころはもちろん

すでに読んでいましたよ☆

 

当時は、北斗の拳やシティハンターや聖闘士星矢など

連載中でしたよ!(確かw)

 

当時は、ジャンプが大盛り上がりしていたころでしたし。

 

ドラゴンボール効果で、週刊なのに600万部も売り上げた

時があったことは、懐かしいなw

 

もちろんそのころから、、「こち亀」は連載していたし

子供の頃には分からなかった内容を単行本で

理解したりとしていました。

 

地味に、感動する話が多くあるので、「両さん」の

波乱万丈な人生を描いているだけではないのです。

 

もちろん、読まれている方はご存知だと思いますが。

 

 

最近、人気漫画の連載終了ラッシュがジャンプの中で

あると感じている人は多いはず!

 

ブリーチ、ニセコイ、そろそろトリコかな?

こち亀まで終わると、ジャンプ自体が厳しく

なるのではと思います。

 

だから、最近のジャンプで「即連載」を

うたっていたのかなと今更思います。

 

 

さて、こち亀

 

外出先でニュースを見て、「いきなり終了かよ!」が

最初の感想でした。

 

大体の、連載終了パターンだとなんとなくストーリーが

終わりに近づくと言うか、クライマックス感を感じる

じゃないですか?

 

今回はいきなり発表だったわけであります。

 

もちろん、集英社では前から決まっていたと思いますが。

 

連載を40年間一度も休まずに続けていたことが

どれだけの功績なのか、計り知れない所であります。

 

とある「HUNTER×HUNTER」は、単行本分を

連載したら休み、次回は何年後?

状態でも、毎回ジャンプで今週は休みますと律儀に

載せてますし。

 

恐らく、ここら辺も伏線であったのかもしれません。

 

冨樫先生も、連載を辞めたいと言っても辞めさせてくれず

仕方なく書いていたという、話も聞いたこともあります。

 

週刊ジャンプを売るために大人の事情ですな。。。

 

さて、本題へ入ります。

 

終了の真相を勝手に予想!

今週号のジャンプ(39号)では、中川家と秋本家が集合する話でした。

 

本来なら「2020年」まで、中川は親父と会う予定がありませんでした。

ところが、漫画の中で両さんが「予定は変わる」と言っています。

 

そういえば、オリンピック限定で出て来る「日暮熟睡男(ひぐらしねるお)」が

今回は出てきませんでしたね。

 

これは、東京オリンピックに出ることを伝えられないから、あえて出さなかったのか?

 

出してしまうと、2020年までマンガを描かなくてはならないと感じたのか?

リアルに忘れていたのか?

 

謎は深まりますが、200巻をめどに辞めることは、以前から決めていたのでしょう。

 

話は戻りますが、39号のジャンプでは個人的に若干違和感を覚えていました。

 

中川の親父は、こんなキャラでないし、無理やり感があったと感じました。

 

以前に登場した時は、立ち食いそばが好きで息子としんみりした感じで

話が終わったと記憶しています。

 

なので、ギャグ調がしっくりこなかったんですよね~。

そしたら、まさかの連載終了というオチですよ。

 

だから、急きょ中川家と秋本家の話が出て来たのかと

個人的に思っています。

 

とはいえ、ジャンプを40年間休みなく「こち亀」を

提供した来たことは、想像できないほど凄いと思います!

 

なので、「長い間、お疲れ様でした」と言いたいです☆

 

 

ということで、本題へw

 

一番は200巻という大きな節目。

これはご本人がおっしゃっています。

 

もちろんそうだと思いますが、恐らくは

年齢的に好きなことをするなら今!しかないと

感じられたのではと思ってます。

 

こらから先続けても、「両さん」に勝るパワーが

無ければ、話をつくることが難しいのかな?と

 

あとは、連載を終えずに寿命を迎えてしまうのが

嫌だとか。

 

連載終了ラッシュに丁度200巻だからとか。

 

ネガティブだと、ジャンプの未来を見いだせなく

なってしまったとか。

 

本人のみぞ知るですが。。。

 

 

 

まとめ

最終回の内容を勝手に想像しますが、「両さんが結婚」するのか

「いつも通りの日常」で終わるのか楽しみですw

 

結婚なら、麗子かゲバルトかw

いつも通りなら、部長を切らして終わりかw

 

その時までと言っても、9月の17日発売まで

2週間だけど。

 

最終回は、恐らく泣くけど楽しみに待っています☆

 

 

あっ!全キャラクターが出て来るかもですね♪

ページ数は、100ページだったりw

 

色々と発売まで、「ドキドキ」します!!!

 

では、ありがとうございました!

 

※追記(9月5日夜中)

通常版(700円税別)と40周年記念特別特装版(900円税別)を発売。特装版には、350人以上に及ぶ登場人物の情報ファイルと全巻全話リストを掲載した「こち亀超書」が付いてくる

とのことでございます。

 

200円程度の差であれば、特別特装版を手に入れることを

オススメします☆

何故なら、それ以上の価値を携えているからであります。

 

時と場合によっては、本書も重要ですが付属の価値が

とても素晴らしい事があります。

 

まさに今回はそうではないでしょうか!!!

 

ちなみに9月12日発売の内容では、両さんの腕時計技師の腕前を見せる!?です☆

 

 

追伸 カズヤチャンネルでこち亀ネタがあったのでどうぞ↓

6分半ほどの動画です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。