新型プレステ4とペルソナ5のCMの女性は誰?ゲームの内容も確認!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!

 

本日、「ペルソナ5」を池袋のアニメイトで

無事に!?購入しました!

 

特典が沢山ついてきて、嬉しかったのですが

意外と大きくて、びっくりしたのは内緒♡

 

特典内容には無かったような気がしたので

受け取った時は、びっくりこきまろ!

でしたよ(笑)

 

使うにも、ちょっと目立ってしまうので、恐らく

押し入れに閉じ込めて、忘れ去られてしまうだろうw

 

本来の特典を一応紹介したいと思います。

 

予約特典?アニメイト限定?

1.豪華<P5アート>トレジャーBOX

 

2.PERSONA5 ART BOOK~THE Aesthetics~

キャラデザで同じみの「副島成記描き下ろし豪華装丁」

 

3.ペルソナ20thアニバーサリー・オールタイムベストアルバム<CD5枚組>

ディスク1:女神異聞録ペルソナ/他

ディスク2:ペルソナ2 罪/ペルソナ2 罰

ディスク3:ペルソナ3 (FES)/他

ディスク4:ペルソナ4 (THE GOLDEN)/他

ディスク5:ペルソナ5

※ここで少し寄り道

記憶が正しければ、ペルソナ3から戦闘中の音楽に

初の「」を取り入れたゲームだと認識しています。

 

しかも、ノリがいいのと飽きさせないゲームの

作りがとても、面白かったし最後は泣ける

展開が「ペルソナ3

 

最近、映画も4作上映され、ブルーレイも

しっかりと購入しているほどのアレです(笑)

 

内容的には、どちらかと言えば「うつ展開」より

ではありますが、少しずつ仲間と分かち合っていく

感じではあります(かなり雑だけど)

 

逆に「ペルソナ4」は、展開的に明るく楽しい

感じで、最後手前には悲しい展開もあったり

なかったりw

 

アトラス好きの方にとっては、ペルソナ3から

色が全く変わったから、やらない人も増えたとか

ないとか。

 

しかし、当時のアトラスを救ったのは「ペルソナ3」

と言っても過言ではなさそうだ。

 

今までは、男子向けのマニアック層へのゲームだったから。

 

会社を存続させるには、売れてなんぼという事は、

いやらしい話ではありますが、絶対条件ではあります。

 

売れなきゃ会社がつぶれちゃうし。

 

話が長くなりそうなので、次へ(苦笑)

 

4.スペシャルコラボDLCセット

セット1:スペシャルペルソナセット

セット2:コスチューム&BGM&ジングルセット

セット3:アニバーサリー・エディション限定

副島成記描き下ろしスペシャルカスタムテーマ

 

 

がすでに、豪華すぎるのですが、さらにアニメイト限定?

特典が当日についてきました。

 

それは、「PERSONA5リュックサック」と言えばいいのか(笑)

実際に使用するには、勇気が必要な気もするけど。

 

こちらは、予約した時には知らなかった事だったので

驚きのサプライズですよ(笑)

 

嬉恥ずかし大好き!ですね☆彡

 

えー大分話が脱線したようなので、戻ります。。。




一葉さん役は誰でしょうね!?

名前 玄理(ヒョンリ)

hyonri

生年月日 1986年12月18日 (30)

出身地 東京都 ※国籍は韓国(両親が韓国人)

所属事務所 ヒラタオフィス

※工藤夕貴 宮崎あおい も在籍☆

 

日本育ちなので、韓国語より日本語が得意だとか。

自分の知り合いにも同じような人がいました。

バリバリ日本語で、韓国語はしゃべれませんでしたよ。

※結婚するときは色々と手続きが、めんどくさいと言ってました。

 

あの「相棒」のもゲスト出演しており、

ゲスト役の 箱崎咲良役を演じていました。(2015年12月9日)

 

役によっては印象が全く変わるので、誰が誰だか分からないのが

芸能界の面白い所でもありますよね♪

 

 

ペルソナ5の内容とは!

ゲームを購入しましたが、実は「プレイステーション4」を

持っていないのでプレイできません(´・ω・`)

%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%bd%e3%83%8a5

お値段が5千円安くはなりましたが、今のところ購入予定は

ございやせん(涙)

しっかりと稼いでから、余裕を持って購入するのが夢ですw

 

アトラスからネタバレ注意とされているので、すでに

流されている情報ではありますがどうぞ♪

 

心の怪盗団ーーーそれは、腐った心を持つ大人たちを改心させる

という、今、世間を騒がせている不可思議な怪盗たち。さあ、彼ら

とともに僕らの未来を盗り返すときが、すぐそこに迫っている!!

 

ネオンカラーに照らされた巨大なカジノに降り立つ1つの影ーーー。

華々しい場面から始まる。「ペルソナ5」のオープニング。

 

主人公は、ゲーム開始とともに、いきなりドラマチックな潜入シーン

に投げ込まれることになる。

 

逃走経路を指示する仲間らしきナビの声、主人公の姿に驚く

カジノの客、そして、侵入者を逃すまいとたちふさがる警備員たち・・・。

 

果たして主人公たちは無事に”オカカラ”を盗み出し、

逃走することができるのか・・・?

 

次に主人公が目覚めたのは、薄暗い取調室だった。

目の前にいるのは、スーツ姿の2人の男。

彼らから暴行を受け朦朧とした意識の中、

主人公は”自白調書”に署名する。

 

続いて始まった拷問で、女子検事が主人公に尋ねた。

いったい何があったのか?

どこで”あの世界”を知ったのか、と。

 

主人公の意識は過去に遡(さかのぼ)る。

すべてが始まった、約半年前の記憶へとーーー。

 

そして、物語が始まる!!

一言で言えば、一つの事件が半年前に起きたのでそれをさかのぼり

解決していこうぜ!

ってとこかな(苦笑)

 

ペルソナ3からしたプレイしたことがないので、にわかですみませんが

基本的に学生が中心で進んで行くストーリーです。

 

だって、大人を倒すとも言っているし(ショボン)

 

友情アリ、恋愛アリ、決別アリと青春時代を思い出すかのようで

しかも、妄想を現実にするような感じだと個人的見解です。

 

人によって「捉え方」が、異なると思うので、鵜呑みしないでね♡

 

 

という事で、こんな感じでしたが

ありがとうございました!

 

何かあれば別記事か、追記して参りますね☆

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。