山田宗美(鍛金家)の作品や経歴は?購入は現在でも出来るのか?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

yamadashi

こんばんは!

 

※本編は雑談の後です。

夜中でございますw

先ほどまで、今頃ペルソナ4をプレイしてました。

前回の途中からですが、すでに数年たっており、記憶を

たどりながらやってました。

 

何度かクリアはしているのと、公式パーフェクトガイドは

あるので、何とか進めた感じでした。(カンジだけにw)

 

なぜ今頃なのかと申し上げますと、「ペルソナ5」が発売され

購入をしたのですが、プレステ4を持っていないので

プレイが出来ません( ;∀;)

 

だから、プレステ2の「ペルソナ4」を懐かしみながら

やっていたのでありますw

 

久し振りにプレイすると面白いもので、寝ずにやれそうと

思いながらも何とか踏みとどまり、現在に至る!

 

プレイしてこういうのもなんですが、ゲームって

時間を浪費するだけなんですよね。

 

別に悪いって言う訳ではありませんが、時間を

決めてゲームをやるって決めたのであれば

いいのですが、だらだらとやるとほんとに

もったいない時間が。

 

と最近思うようになり、昔はあほのようにファミコンを

やっていましたけど。

 

それはもう過ぎた事なので、スルーします。

 

ゲームから得られることもあります。

ストレス発散になるし、話のネタにもなります。

 

それを理解してやるのと、ただ暇つぶしで

やるのでは、雲泥の差となります。

 

全てを否定するわけではありませんが

やるならそういったことも視野に入れた方が

良いですよと個人的には思っただけです。

 

何事もですが、やりすぎは注意しましょうね☆

 

 




では、本編へ

 

山田宗美(やまだ そうび)の作品や経歴は?

本名 長三郎

石川県加賀市出身

鍛金家

※金属を金床や烏口などにあて、金槌で打つことで形を

変えていく技法。

1871年12月23日生まれ(明治4年)

1917年3月15日没(大正5年)

 

パリ万博、セントルイス万国博覧会、日本美術協会展などで受賞

 

1枚の鉄板から「立体の花瓶」「立体の置物」を創作していた。

 

山田宗美展

※9月4日で展示会は終了しています。

 

お宝店鑑定団で、作品が出品されつけられた値段が

何と!!!

「2,300,000円」

a1

間違うことなき宗美の鉄打出しの作品。鉄一枚から打って打って丸めて打ち上げた結果、全体が非常にプロポーション良く作られており、信じられない技術。大変薄く、指二本で持ちあげると紙のよう。裏に宗美の銘が入っており、また重要なのは箱と一緒にあること。箱書きから明治45年(大正元年)の作品であることがわかり、晩年の作風がよく出ている。

※開運なんでも鑑定団引用

なんでも鑑定団 山田宗美

こちらで他の作品のお値段や価値が分かります。

上記の物よりお高いのも出てきますよ(苦笑)

 

もちろん当時の本物のお値段なので、同じもので

大量に作られたのであれば、値段はここまで上がらない。

 

これを1枚の鉄板で作り上げるのが想像できない。

今の技術でも再現不可能とのこと。

 

いったい、彼はどうやって作ったのか?

弟子はいなかったか気になりますが

いないから高価な物になるのでしょう。

 

 

現品を購入するのであれば、最低でも数百万円は用意しないと

厳しいだろう。

 

 

a2

これの値段がヤバイ!のですが、それよりも

どうやって作ったのか謎が深まるばかりです。

 

オーパーツではありませんが、人の技術と思考は

時代を超えて残り、課題をも与えてくれるのですね。

 

きっとマジックと同じで、ネタが分かればなるほど!

と思うけど、知らないと不思議でたまりませんからね。

 

人間の探求心は奥が深いと感じた、今回の記事でした。

 

 

芸術は本当に奥が深すぎますよ(苦笑)

 

 

 

では、ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。