秋本治先生のこち亀が40年間連載出来た理由は?アシスタントの体制を調べた!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

秋本先生
こんにちは!

 

今日は昨日と違い、めちゃめちゃ晴れております!

そして、陽射しが体を刺激するw

焼けてまう~!!!

 

そんな残暑厳しい中、先日報道された

「こち亀連載終了」の内容。

 

連載終了のお知らせで、ここまで大きなニュースに

なったのは、自分の中では初めてであります。

 

ドラゴンボールは、漫画の中でも「亀仙人」が

もうちょっとだけ続くよ☆

とか、なんとなく円満で終了するマンガは

流れがあるじゃないですか?

 

最終目標の敵と戦っていくシーンに入ったら

これが終わったら連載終了するんだな~って。

 

最近では、「ブリーチ」「ニセコイ」が終了してます。

 

「ブリーチ」もともと、今回の話を終えたら終了と

作者が言っていました。

ジャンプ内でも連載終了まで「後○○話」ってあったし。

 

「ニセコイ」は流れ的に終わるのかなと思っていたら

終わったし。

ぶっちゃけ、そこまで大きな話題にならなかったような

気がするのは自分だけでしょうか?

 

 

打ち切り終了に関しても大体の流れで分かる様に

なってきました。

 

流れ的に無理やり感やいきなり未来の話に飛ぶと

大体、近いうちに終了します。

 

おれたたエンドですねw

(俺たちの戦いはこれからだ!の略)

 

個人的には最近終了してしまった「ものの歩」は

終わって欲しくなかった一つでした。

 

試験も合格していき、これからどのように

将棋の楽しさを見せてくれるのかな?

 

と思っていたら終了(チーン)

 

他にあるだろ!!終わってもいいやつ!

とは思わなかったですよ絶対(棒)

 

囲碁漫画で大人気だった「ヒカルの碁」みたいに

あり得ない設定を上手く利用した内容であれば

良かったのかもしれません。

 

幽霊を出せばいいって事ではなく、将棋のコマや台座の

値段を書いてみた、奨励会などの入会金や月賦など

リアルネタも入れていけば、興味をもっと持てたかも?

 

 

と、話が分けわかめになって来たので、本題へ!




長期連載出来た理由と秋本先生の職場って?

長期連載できた理由の中に、

秋本先生が社長の会社「有限会社アトリエびーだま

のアシスタントの体制にあると個人的に予想。

 

何故なら、漫画かと言えば

徹夜してお菓子食べて、ラジオ聞いて夜通し作業

ってイメージがありませんか?

 

実際に、昼頃集まり夕方まで原稿を書いて、夕ご飯を

アシスタントに食べさせて、夜から朝までという流れは

まだ多いそうです。

 

徹夜だと、体にとても負担がかかるので、アシスタントが

3年ほどで辞める方が多いのだとか。

 

若いうちはイケるけど、年齢を重ねると本当しんどい!

 

自分も夜通し飲み明かした時は、切に感じます(涙)

 

 

ということで、秋本先生の会社ではそういう体制ではなく、

一般のサラリーマンと同じような勤務体制

でマンガを描いていることが、長年続けられた理由なのではと

個人的に思っています。

 

サラリーマンは40年間、働き続けなければいけません。

それは、どの業界でも似ていて、漫画家やアシスタントも

同じだと思います。

 

もちろん収入の違いはありますし、自由な時間の違いもありますが。

 

ただ、生活リズムとしては朝から仕事して夕方には終わる方が

体的には一番楽だと思います。

 

自分も、以前パチンコ店で働いていたので、その感覚は

とても身に染みて分かっているつもりです。

 

今は規則正しい生活のおかけで、腰痛や体のだるさや

変な眠気が大分改善されましたし☆

 

もし、サービス業に従事している方で、体調が悪い方は

早番専門をお願いしてみたりしてはいかがでしょうか?

 

えっ?会社に迷惑かけるし、そんなこと通るはずがない!

 

もちろん、分かりますよ!そういう気持ち。

周りがどうとか、上司がどうとか同僚に「皆同じだよ♪」

って諭されるのも分かります。

 

だけど、自分の体を壊してまで働かなければいけない

環境を疑問に思う事も大切だと思います。

 

最悪、体を壊して働くことがつらくなってしまっても

会社や周りは本当の意味で助けてくれません。

 

お金をもらえるわけでも無いし、ご飯を毎日作ってくれる

わけでもありません。

 

最終的には「自分の身は自分で守る」

 

本当に体がきついなら、まずは相談をするくらいは出来るのでは?

 

無理して働けばストレスたまるし、人間関係も上手くいかなくなるので

その辺りのコントロールは、やらないと大変ですよ。

 

 

話がそれましたが、もとにもどして。

 

秋本先生の会社は、タイムカードもあるし休憩時間も普通にある。

そしてアシスタントを正社員として雇う事で、生活や社会的保障を与えている。

勤務時間は9時~20時だけど、休憩時間は2時間ある。

 

日曜日は休みにするなど、通所のサラリーマンと変わらないのである。

 

これが、長年同じアシスタントと一緒にやれることで、アシスタントの

モチベーションも保たれ、長期連載を可能にしたのではないか?

 

しかも、アシスタント全員が「背景や人物、仕上げ」まで出来る

所謂、「プロ集団」の集まりである。

 

これなら秋本先生だけに負担もかからないし、アシスタントも

プロ意識を持ちながら仕事が出来る。

 

まさに一石二鳥だと思います☆

 

 

実はこれに近い体制を敷いているのが、「ドラゴン桜」で有名な

三田 紀房(みた のりふさ)さんである。

 

今は「インベスターZ」を執筆中で、こちらも人気がある。

 

そして、この二方の共通なことは

 

漫画の原稿を数週間分ストックしており、締め切り前に

必ず上げることで、出版社から絶大な信用を得ている。

 

漫画かと言えば、締め切りぎりぎりやむしろ間に合わずに

本当のぎりぎりで仕上げるイメージがとても強かったです。

 

もちろん、そういう漫画家もいると思いますが。

 

どちらが信用を得るかと言えば、それは言わなくても分かりますよね。

 

 

しかも、旅行に出かけたりする(出来る)ので引きこもりではなく

アクティブにもなれる。

 

漫画家のイメージを払拭してくれた、今回の連載終了発表だったなと

個人的に感じました。

 

連載終了は寂しいけど、いつかは終わる事なので

200巻という偉業を達成した秋本先生の

次回作も気になる所ですね☆

 

その前に、「40年間ジャンプで連載ありがとうございました!」

そしてお疲れ様でした☆

 

これからも面白いマンガを楽しみにしております!

 

 

 

 

と言うことで、色々と脱線したり意味不明な文章になったり

したかもしれませんが、少しでもお役に立てる事が出来たら

幸いです☆

 

 

では

ありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

初めましてこんにちは~。

かずおと申します。

40手前の埼玉県の
K市育ちです♪
血液型はA型
身長178cm
体重ぽっちゃり系

職歴は
元マクドナルドアルバイトMGR
元メガネ店員
元パチンコ店役職
です♪
現在は、サングラス関係の
仕事を手伝ってます♪

ブログ内では、通常の情報と
個人的なことを書いています。

あなたの価値観や考え方に
ちょっとでも変化を与える
ことが出来たら幸いです。

という事で、
何かひとつでも、お持ち帰り
いただけるよう、精進します!

 

ちなみに、漫画とアニメも大好きです♪

 

では、楽しんでくらはい(^^)/

眼鏡を洗う時の洗剤や洗い方をチェック!

松ちゃんの年収が約8億円って本当?

妊婦さんの大変さを体験するには???